Pocket

受給対象になっていても、問題点は正常な生活が送れるかどうかというところが焦点となってくるため、まずは病院での診断書が必要になってきます。この診断書を提出することによって、支給対象となるかどうかを判断することになるのが流れといっていいでしょう。ここで重要になってくるのは、病歴・就労状況等申立書の2つだけで書類判断することにあります。どんな傷病であってもこの書類が不備となれば、支給がされないことになってしまうのです

診断書診断書の場合、簡略化されて提出すれば、まず認定されません。逆に細かくても、何年物話を記載しても、いったいどれが対象なのかがわからなくなり、認定されないケースがほとんどです。例えば、傷病としては対象となるケースの多い場合でも、身体の調子がいい時に病院を訪れ、診断書をお願いした時に、内容がそこまでではないといったことで対象を外されるケースもあります。発病時からの症状を負っていくことが重要なのであり、これがなくなると、認定はされないでしょう

仮に認定されなかった場合、事後請求といったかたちも取れます。事後重症請求ですが、該当しなかった場合に、別の傷病によって悪化したというかたちです。