Pocket

障害年金の対象傷病は、非常に多岐にわたります。その範囲はとても広くなりますが、1級・2級は国民年金法施行令別表の内容が対象です。3級・障害手当金については厚生年金保険法施行令別表第一・第二に記載されている内容が対象となります。

非常に広い対象を持っていますが、障害者手帳の交付要件とは違うという点が重要です。根拠法令も異なりますし、等級表も違うため、同様に考えてはいけないとなります。複雑な部分を持っているため、障害年金の申請手続きについては社会保険労務士に相談したりするのが解決策となるでしょう

相談日常生活が困難になることが対象となってくるため、目の傷病であれば、一定の視力を切ってしまうような状態になります。聴力も同様の条件がポイントです。四肢に関しては、生涯の度合いが重要になってくるでしょう。著しい障害があれば、日常生活に大きな影響を与えることになることから、1級に認定されることが出てきます。座っていることができないような障害があるようなときも同様です。外傷的な部分だけではなく、交通事故によって高次脳機能障害を負ってしまったようなときや、化学物質過敏症といった内容でも対象となってくる可能性があります。簡単に判断できない部分に関しては、必ず専門家に相談するべきです。